記事一覧

速報!ウブロ2022年新作モデルを発表!

伝統的な時計製造と革新的な機構を「Fusion」させることで、時計業界に新しい価値観を築き上げてきたウブロ。ウブロ 時計 値段近年では自社製ムーブメント「ウニコ」を核に、傑出した新作の数々を打ち出しています。

そんなウブロが2022年、新作モデルを発表しています!

1月に先駆けて行われているLVMH Watch Week 2022にて繰り広げられた、至極のタイムピースとは?



近年流行りのラグジュアリー・スポーツウォッチ。ラグスポなどといった略称で親しまれていますね。

この言葉に決まった定義はまだありませんが、その名の通りラグジュアリーブランドが手掛けるスポーツウォッチであること。

そしてオーデマピゲのロイヤルオークやパテックフィリップのノーチラスに代表されるように、ケースとブレスレットがシームレスに統合されていること。ラグジュアリーブランドらしく美しい鏡面仕上げとツヤ消し仕上げが施されていること。そして薄型であることなどが共通項としてしばしば持ち出されています。

そんな中においてウブロは、どこかラグジュアリー・スポーツウォッチと一線を画していたようにも思います。

なぜならフラグシップのビッグバンは多層構造ケースがアイデンティティの一つであり、また創業当時からラバーストラップを搭載させてきたためです。

しかしながら多層構造由来の立体感を活かしつつ、ブレスレット搭載型の新しいビッグバンが2020年に誕生しました。

ちなみにこの年は、ビッグバン生誕15周年の節目に当たります。



ビッグバンの人気モデル「ビッグバン ウニコ チタニウム 411.NX.1170.RX」等に代表されるように、ウブロ製品はケース直径45mm×厚さ15mmなど、ダイナミックが魅力として打ち出されています。ウブロ スーパーコピーウブロのダイナミックさはそのままカッコよさにも繋がっており、ウブロ人気を下支えしてきた大きな要因と言えるでしょう。

なお、2020年のビッグバン インテグラルはケース直径42mm×厚さ13.45mmと厚みは抑えられているものの、2022年のビッグバン インテグラル タイムオンリーによって10mmを切る薄さを実現し、従来からのカッコよさに加えてラグスポとしての魅力すら備えたことを示唆します。

もっともウブロはクラシックフュージョンという薄型クラシックなラインも手掛けてきましたので、当該ジャンルでも実力を発揮していることはご存知の通りです。

さて、では2022年新作ビッグバン インテグラルを見て行きましょう。

【関連記事】:2022年服装流行トレンドは何