記事一覧

ルイ・ヴィトンの腕時計「タンブール モノグラム」新作

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)の腕時計「タンブール モノグラム」から、新作メンズ&ウィメンズウォッチが登場。

ルイ・ヴィトンの「タンブール モノグラム」は、メゾンを象徴する「モノグラム」と、ドラムから着想を得たアイコン腕時計「タンブール」を融合させたウォッチ コレクション。新作は、ルイ・ヴィトンが誇る「モノグラム・キャンバス」の質感を表現したダイヤルが特徴だ。メゾンのウォッチメイキングアトリエ「ラ・ファブリク・デュ・タン ルイ・ヴィトン」の職人による、熟練の手仕事が光る。

ブラウン&ゴールドのウィメンズウォッチ

ウィメンズ向け腕時計「タンブール モノグラム ブラウン & ゴールド」は、落ち着きのあるブラウンに、華やかなゴールドでアクセントをプラス。ラグとリューズにピンクゴールドを取り入れることで、フェミニンな印象に仕上げた。サイズは、28mm、34mm、39.5mmの3種が揃う。

ブラック&グレーのメンズウォッチ

メンズ向けの自動巻き腕時計「タンブール オトマティック モノグラム・エクリプス」は、ブラックをベースに、グレーの「モノグラム」をオン。マット仕上げのグレーケースを組み合わせることで、より一層シックな雰囲気に仕上げた。

ブレゲの腕時計「マリーン」2021年新作

ブレゲ(Breguet)は、腕時計「マリーン」の2021年新作モデルを発売。

航海用時計に着想を得た「マリーン」

ブレゲの「マリーン」は、科学機器として用いられたかつての時計、とりわけ航海術に利用された時計から着想を得た、“探検と征服の精神”を象徴するスポーツウォッチ。ブレゲの伝統的な特質を生かしつつ、現代的なデザインに仕上げた腕時計だ。

蓄光塗料を施したローマ数字とドットインデックス、ファセットを刻み蓄光塗料を付したゴールド製のブレゲ針、海洋モチーフをさり気なくあしらったセンター針といったディテールが配されている。

最先端のテクノロジーを用いた自社設計のムーブメントは6姿勢で精度が検証され、ひげゼンマイや脱進機には、耐磁性など多くの優れた性質をもつシリコン素材を採用。加えて、ゴールド製のローターも特徴的だ。

新作がバリエーションに加わるのは、3針に日付表示を備えた「マリーン 5517」、フライバック・クロノグラフ機能を搭載し、30分積算計と12時間積算計、スモールセコンドといった3つのインダイヤルを並べた「マリーン クロノグラフ 5527」、アラーム機能と第2時間帯表示を併せ持つ「マリーン アラーム ミュージカル 5547」といった3つのウォッチ。

それぞれの腕時計に、スレートグレー・ダイヤルのローズゴールド・モデルと、ブルー・ダイヤルのチタニウム・モデルが仲間入りする。各モデルは、チタンブレスレット、レザーストラップ、ラバーストラップからストラップを選択可能だ。

ローズゴールドケースに“海”モチーフのギヨシェ彫りダイヤル

温かみのあるローズゴールドケースを採用した腕時計には、“海”をモチーフにしたギヨシェ彫りのゴールド製ダイヤルをセット。船の舷窓から波立つ海を彷彿させる波模様のモチーフが、熟練した職人によるギヨシェ彫りで施されている。深みのあるスレートグレーに彩られたダイヤルが、表情豊かなローズゴールドとコントラストを描き出す。

海を思わせるブルー・ダイヤルにタフなチタンケース

軽量でタフなチタンケースを採用した新作腕時計には、海を連想させる鮮やかなブルー・ダイヤルを採用。手作業でサンバースト仕上げを施したダイヤルには、中心から外縁にかけて繊細なラインが広がっている。チタン素材は潮風や腐食に強いことから海での使用に適しており、2018年から「マリーン」に導入されている。

【関連記事】:国内メーカー&海外ブランド取り扱い。新作から限定品まで、人気ブランドが200以上。

BABY-G“サンゴ”モチーフの新作腕時計

BABY-G(ベイビージー)は、“サンゴ”をモチーフにした新作腕時計を、2021年6月18日(金)にカシオ時計取扱店などで発売予定。

鮮やかなコーラルオレンジに彩られた新作腕時計は、華やかな色彩が特徴のサンゴ「サンコーラル(イボヤギ)」をモチーフにしたウオッチ。明るいカラーリングに彩られたバンドとケースに、「サンコーラル」をイメージしたグラデーションカラーの文字板を組み合わせている。

文字板上の9時位置には、サンゴを隠れ家とする「カンザシヤドカリ」を配し、ささやかな遊び心をプラス。海や夏空に映える、プレイフルな表情の腕時計に仕上げた。

尚、今回の新作腕時計は珊瑚礁の保全活動を行う特定非営利団体「アクアプラネット」とのコラボレーションモデル第4弾。バンドにロゴや「Love The Sea And The Earth」の文字がプリントされている他、パッケージには樹脂素材を使用せず、再生紙を使用した紙箱を採用した。

【関連記事】:世界のブランドフ商品ァッション通販

ナノ・ユニバースからスティーブ

ナノ・ユニバース(nano・universe)から、セイコー(SEIKO)の薄型ドレスウォッチ「シャリオ」の復刻版が登場する。300本の数量限定で、2017年12月8日(金)から、ナノ・ユニバースの限定店舗にて先着順で販売する。

「シャリオ」は1980年代にリリースされた、シックな薄型ドレスウォッチだ。スティーブ・ジョブスが身に着けていたことでも知られている。
パロディ ブランド
新しく発売される時計のデザインは、ナノ・ユニバースの17年春夏シーズンで即完売した復刻版と同モデル。時代を超えて愛されるシンプルなデザインと、装着感の良い薄さが魅力だ。カラーは、ブラックをベースとした前回のモデルから一新し、オールホワイトバージョンで登場する。

ケースとバックルは、マットなステンレススチールでアクセントを効かせた。ステッチ入りの真っ白な革製ストラップは、クラシカルな雰囲気を演出する。裏蓋には“LIMITED EDITION”とシリアルナンバーを入れ、希少性と特別感が感じられる1本に仕上がった。

サイズは「シャリオ」のオリジナルデザインを忠実に再現した33mmケースと、37.5mmの2種類をラインナップし、男女で楽しむことができる。

関連記事:http://jptrade.top/
https://purezennto.tec29.com/

カルティエ×大人の人気腕時計2選

「人気・知名度・一生物」レディース高級時計の代名詞でもあります

魅力的な大人女性へとクラスアップしてくれる、ステータスウォッチの代表的なものとして『カルティエ』の存在は絶対的です。
世界5大ジュエリーのひとつとも称されるブランドだけに、発信されるモデルはどれも宝石のように可憐で、美しく、ジュエリー的な役割として、女性の腕元をきらびやかに彩ってくれます。
スーパーコピー時計
カルティエ 腕時計

タンク ルイ カルティエ

発表から100年近く経ても、あらゆる世代の人に完成された時計の美を語りかける「タンク ルイ カルティエ」。
エッジに丸みを持たせた直線的なケース、文字盤に合わせてわずかに傾斜を加えたローマンインデックスなど、知的な雰囲気が漂います。

カルティエ 腕時計2

マイヨン ドゥ カルティエ

「パンテール」「ベニュワール」などさまざまなドレスウォッチで人気を博すカルティエが打ち出す、待望の新コレクション。今季のテーマ“予期せぬ出会い”になぞらえて、全く新しいフォルムとアイデアを結びつけ、エッジの効いた存在感を放つ一本に。
華奢なフェイスで、時計というよりブレスレット感覚で着けられるのも魅力的。立体的なチェーンが生み出す造形美でカジュアルからドレスアップまで、いろいろなワードローブに馴染む。「自分らしさ」を大切にする人に。

関連記事:http://jpwatch.top/

エルメスの人気腕時計_エルメス(HERMES)

若い方からオトナの方まで幅広い年代の女性を魅了し続けるエルメスは、パリ発祥のハイブランド(高級ブランド)。

ケリーやバーキンなど「バッグ」というイメージが強いですが、腕時計ブランドとしてのエルメスは「気軽にいいものが楽しめる」という魅力があります。

エルメスクリッパー

 クリッパー(CLIPPER) 

大型帆船の船窓をイメージしたスタッズベゼルが特徴的で、エルメスの中でも特に人気・有名なモデル。ほどよいカジュアル感がありつつ、飽きのこないシンプルで洗練されたデザインが魅力です。

Hウォッチ

 Hウォッチ(H WATCH) 

エルメスを象徴する「H」マークをケースにあしらったドレスウォッチモデル。日常使いからドレッシーまで幅広いシーンにマッチして、着こなしをスタイリッシュに演出します。

アルソー腕時計

 アルソー(ARCEAU) 

エルメスで初めて作られたモデルであり、洗練されつつ控えめな高級感が漂う定番モデル。最高品質の革と時計を結ぶ象徴的な1本。

【関連記事】:http://yadoban.jp/diary.cgi

20代女性に人気の腕時計—ハミルトン【アメリカ】


【ワンランク上の腕時計ならココ♪】ハミルトンは海外ブランドながら予算10万円くらいで買える上質な腕時計を取り揃えています。デザインは「シンプル・カジュアル・アクセ感覚」まで色々、その多彩なラインナップも魅力です。
ハミルトンって?
上質でコストパフォーマンスに優れた腕時計を取り揃えているアメリカ発の腕時計ブランド。カジュアル腕時計で人気の「カーキ フィールド」や三角形の「ベンチュラ」など、そのデザイン性も高く評価されています。
20代女性に人気の腕時計♪
ハミルトンレディース腕時計1
ロレックス 偽物

気品・落ち着き・クラス感といったイメージをコンセプトにした「シンプルイズベスト」な腕時計。
どんなシーンにも使え、小ぶりな27mm、ベーシックな30mm、大きめ34mmと3種類の大きさから選べるのもポイントです。
 
ハミルトンレディース腕時計2

知的で品格ある女性をイメージしたエレガントな腕時計。流行に左右されない洗練された飽きのこないデザインが支持されています。
 
ハミルトンレディース腕時計3

曲線美を活かした上品でクラシカルな腕時計。オフィスカジュアルやシャツスタイルを知的に演出してくれる”大人”な腕時計です。

ヴァシュロン・コンスタンタン

ヴァシュロン・コンスタンタン(VACHERON CONSTANTIN)のレディス腕時計「エジェリー・オートマティック」より新作が登場。2020年12月より店頭で発売予定となっている。

ヴァシュロン・コンスタンタンの「エジェリー・オートマティック」は、小ぶりな35mmのケースにダイヤモンドを合わせたレディス腕時計。今回は、18Kピンクゴールドをケースとメッシュスタイルのブレスレットに採用した新作が登場する。

フェミニンなムードの18Kピンクゴールドによるケースは、縁と日付表示の枠に配したダイヤモンドと共に煌びやかな表情を演出。シルバーオパーリン仕上げのダイヤルには、職人の熟練した技法によって彫られたプリーツ模様を施すことで、優美な印象に仕上げている。

なお、ケースバックはサファイアクリスタルのシースルー仕様。搭載するヴァシュロン・コンスタンタン製の自動巻きキャリバーや、繊細なオープンワークが施されたローターなどを見ることが出来る。

また、ケースと同様に18Kピンクゴールドを用いたブレスレットは、カジュアルからフォーマルまで、幅広いスタイリングにおいてエレガントな印象を腕元にプラス。まるで着けていることを忘れてしまうくらいソフトな感触も魅力だ。

実用性を備えたハイクラスな腕時計

「高級腕時計といえばロレックス」というくらい高い知名度とステイタス感を保ち続けるスイスの高級腕時計ブランド。そのブランドバリューはもちろん、視認性の良さや防水性など「実用性の高さ」も人気の理由となっています。

ロレックス腕時計2

 【1位】デイトジャスト 

お仕事にも便利な「見やすい日付表示」が付いている人気モデル。ステンレスをはじめコンビ・ゴールド・プラチナなど色んな素材があり、ライフスタイルや予算に合わせて選べるバリエーションの多さも魅力です。
 
ロレックス腕時計1

 【2位】オイスター・パーペ チュアル 

「シンプルイズベスト」ロレックス入門にも最適なロングセラーモデル。サイズやカラーが豊富でロレックスの中でも手が届きやすいお値段。高い防水性をもつオイスターケースと高精度な機械式自動巻きムーブメント搭載など機能性も十分あります。
 
ロレックス腕時計3

 【3位】パールマスター

「ロレックス最高峰のジュエリーウォッチ」素材はYG・WG・RGのみで展開しており、ダイヤルにはダイヤやサファイアなど煌びやかなストーンをセッティングした贅沢なモデルです。

ハリーウィンストン×一生もの腕時計4選!


手首にまとう時を知らせるジュエリーは「最高のステイタス」

アメリカが誇る高級ジュエリー&ウォッチブランド『ハリーウィンストン』。世界各国の王室御用達、レッドカーペットで大女優が着用、芸能人の婚約指輪に選ばれるなど、華々しい実績を持ち、ハイジュエラーとして確固たる地位を確立しています。
もちろん高級時計の分野でも超一流…、とくに女性たちの美を引き出す「ダイヤモンドの輝きを生かしたデザイン」は世界トップクラス。


HW エメラルド

その名は創始者が愛したダイヤモンドのエメラルドカット(八角形のカット)が由来であり、石本来の美しさを引き出すカットハリー・ウィンストンの象徴のひとつ……。
エメラルドカットを上から見たようなイエローゴールドのケースにダイヤモンドが並ぶ様は、もはや時計でありジュエリー。ダークグレーの文字盤にも時を表す3つのダイヤが配され、12時の位置には「HW」のロゴが。さらに二重ストラップは女性の手を華奢に見せてくれる。


HW アヴェニュー クラシック オートマティック

文字盤の周囲をダイヤモンドでくまなく飾った、キング・オブ・ダイヤモンド『ハリーウィンストン』のアイコン「HW アヴェニュー」。

本店のあるニューヨークをイメージした都会的な枠組みながら、創業時にオマージュを捧げたアール・デコ調の要素が随所に。12時位置では、創業者が好んだエメラルドカットのダイヤモンドが凛と輝きます。


HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター

圧倒的な優美さを纏える極めつけの一本。

ニューヨークの街のきらめきを閉じ込めた「HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター」は、文字盤に舞うダイヤモンドの百合の花びらがフェミニン。
可憐なピンクカラーが、ほっそりとしたレクタンギュラーケースのベゼルや、りゅうずの先端にもあしらわれたダイヤモンドの輝きを際立たせています。


ミニツイスト・バイ・ハリー・ウィンストン

ダイヤモンドの光り輝く葉がロープ状のチェーンをつたい、流れるように美しい煌きが手首を彩るジュエリーウォッチ。高度な職人技が生み出した。斬新にして華麗な美しさに惹かれます。

手首にまとう時を知らせるジュエリーは「最高のステイタス」

手首にまとう時を知らせるジュエリーは「最高のステイタス」

アメリカが誇る高級ジュエリー&ウォッチブランド『ハリーウィンストン』。世界各国の王室御用達、レッドカーペットで大女優が着用、芸能人の婚約指輪に選ばれるなど、華々しい実績を持ち、ハイジュエラーとして確固たる地位を確立しています。
もちろん高級時計の分野でも超一流…、とくに女性たちの美を引き出す「ダイヤモンドの輝きを生かしたデザイン」は世界トップクラス

HW アヴェニュー クラシック オートマティック

文字盤の周囲をダイヤモンドでくまなく飾った、キング・オブ・ダイヤモンド『ハリーウィンストン』のアイコン「HW アヴェニュー」。

本店のあるニューヨークをイメージした都会的な枠組みながら、創業時にオマージュを捧げたアール・デコ調の要素が随所に。12時位置では、創業者が好んだエメラルドカットのダイヤモンドが凛と輝きます。

HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター

ニューヨークの街のきらめきを閉じ込めた「HW アヴェニューC ミニ リリー・クラスター」は、文字盤に舞うダイヤモンドの百合の花びらがフェミニン。

可憐なピンクカラーが、ほっそりとしたレクタンギュラーケースのベゼルや、りゅうずの先端にもあしらわれたダイヤモンドの輝きを際立たせています。

ミニツイスト・バイ・ハリー・ウィンストン

ダイヤモンドの光り輝く葉がロープ状のチェーンをつたい、流れるように美しい煌きが手首を彩るジュエリーウォッチ。高度な職人技が生み出した。斬新にして華麗な美しさに惹かれます。

セイコーのレディース腕時計ブランド一覧


セイコーは日本で1番有名な腕時計メーカーで、10代~50代まで年代毎に向けたレディース腕時計ブランドを展開しています。確かな品質と適正価格によるコストパフォーマンスの高さが持ち味です。

 オメガ・ウォッチ: スイス高級時計メーカー | OMEGA®
「オン・オフ問わず使える♪」ルキアは仕事もプライベートもポジティブに生きる、現代女性のための腕時計ブランド。主にOLさんを中心に人気があります。

「アクセサリー感覚で着けられる華奢なデザイン♪」ティセは、上品でクラシカルなエッセンスをちりばめたフェミニンな腕時計ブランド。主に10代の学生・20代女性に人気があります。

「上品に輝く大人のためのドレスウォッチ♪」エクセリーヌは大人の女性らしさをスマートに演出する、スタイリッシュなドレスウォッチブランド。30代・40代以上の女性をターゲットにしています。

ヘンリーロンドン×大人の人気腕時計4選

人気急上昇! 大人デイリーウォッチ代表

2015年にブランドを創立。ロンドンの地下鉄の駅名を冠した小粋なデイリーウォッチが魅力の『ヘンリーロンドン』。
アンティークウォッチに着想を得て設計されたデザインが人気の、デイリー使いにピッタリの腕時計が揃います。

ヘンリーロンドン腕時計

クラシカルな手元を演出してくれる人気モデル、ウェストミンスター。
トラッドな正統派チェックのツイードベルトと、使い勝手のよいカーフレザーベルトがセットになった、カジュアルに合わせたい1本2役ウォッチです。
〈コーデ〉カジュアルによく似合う大きめフェイス×レッド系チェック! 赤を効かせたチェック地ツイードを使用。大きめフェイスがマニッシュなムードを醸します。ニット×デニムなどの、王道ベーシックなコーディネートに合わせたい!

ヘリテージスクエア

手元にエレガントな印象を添える、スクエアフェイスのヘリテージスクエア。
今回では、ベリーカラーのツイードベルトで登場です。温かみのあるハリスツイードとエレガントなメッシュ、その日の気分でベルトを付け替えて!
〈コーデ〉今日はツイード? それともメッシュ? 気分でベルトをチェンジ! レディに使えるスクエアフェイスの腕時計は、品よくいきたいオンスタイルにも大活躍。深い発色のベリーピンクのツイードが、周囲の目を引くアクセントに。

ヘンリーロンドン腕時計

ヘンリーロンドンのコレクションのシリーズ名には、それぞれロンドンの地下鉄の駅名が付いています。一番人気の「ストラトフォード」。こちらは珍しいグリーンで、ハイセンスな手元を演出してくれます。

ホルボーン&フィンチリー

ロマンティックなムーンフェイズが月の満ち欠けをお知らせ…。
シックな雰囲気のボルドーカラー「ホルボーン」と、マニッシュコーデによく似合うチャコールグレー「フィンチリー」。クラシカルな顔つきの文字盤には、月の活ち欠けを示す「ムーンフェイズ」を搭載。
ロマンティックなムードを放ちます。39mmと34mmの2サイズ展開、ユニセックスモデルなので彼・旦那さんとペアで使うのもオススメです。

グッチのおすすめ財布♪—グッチ(GUCCI)


プレーンなレザー財布やカジュアルなキャンバス、そしてオシャレなグッチシマレザーなど種類豊富なグッチ。そしてだいたいが8万円前後と、高級ブランドの中では割と手が出しやすいお値段もポイントです。
グッチって?
グッチはイタリアの革職人「グッチオ・グッチ」が設立。グッチオ氏が作り出す皮革製品はクオリティの高さと斬新なデザインで瞬く間に一流ブランドへと成長。

50年代には「オードリー・ヘップバーン」や「エリザベス・テイラー」が愛用したこともあいまり、高級ブランドの地位を確実なものとしました。

上質なカーフレザーを使用したシンプルエレガントなコレクション【スウィング】のお財布。シンプル派の方に大人気のロングセラーです。

上質なレザーにグッチシマ模様(GG柄)型押しを施した【グッチシマレザー】の財布。高級感とグッチらしさを兼ね備えた大人のグッチラインです。

肌触りが良く上質感のあるレザーにグッチのアイコン「GG」をエンボス加工したクールなコレクション【ソーホー】。クラシックとモダンが織り成すタイムレスなお財布です。

Tシャツ&ショーツも


ウェアは、プーマのロゴの上にクマ型のグミキャンディを散りばめたグラフィックTシャツや、カラフルなオールオーバープリントTシャツ、キャンディカラーのハリボーグラフィックをポイントに配したショーツが展開される。

クラシックな“クッションケース”腕時計


英国の時計ブランド・ヘンリー ロンドンの新作は、クラシックな“クッションケース”のウォッチ。デヴィッド・ボウイやザ・ローリング・ストーンズなどが活躍した、1970年代の音楽シーンに影響を受け、大胆なシルエットのファッションを楽しんでいた当時のロンドン市民のように、自由にファッションを楽しんで欲しいという想いから、1970年代のアンティークウォッチイメージした腕時計を展開する。

ブシュロン(BOUCHERON)


リフレ
『リフレ』は、メゾンを代表する名品のひとつ。ケースを飾る「ゴドロン」と呼ばれる直線ラインが光を集めて屈折させ、手元に自然な輝きをもたらす。さりげなく気を使える大人にこそ似合う一本。
■400,000円~(着用モデルは458,000円) / ケースサイズ:縦29.5×横18mm / クォーツ

バーキンは”なぜ中古品でも高いのか”

「バーキンは欲しいけど、中古品でも安くないわね」と思われる方は多いと思います。実際にそういったお客様の声をよく聞きます。そのような疑問への回答として、先ほどの国内定価とは別の考え方(中古品)で価格について触れたいみたいと思います。
なぜ、バーキンの中古価格は高いのでしょうか。その理由は、以下の2つにあると考えています。
①希少性
②人気の高さと買取相場の関係
では、その理由をもう少し詳しく説明します。

希少性
私はブティックに行くことがありますが、ここ10年程でバーキンが陳列されているところを見たことは一度もありません。(絶対に陳列されないということではなく、単純にめぐりあわせが無いだけかもしれません・・・)
それほどまでに、バーキンをブティックで見かけることは稀なケースだと思います。
その為、ブティックで国内定価で購入できることは非常に困難だと考えられます。

ここからは、推測のお話になりますが、「エルメス製品は大量生産をするブランドではない」といえます。
それは、”希少な革を使用していること”、”高い品質レベルを保つこと”、”限られた職人の手作りによって製造されていること”などが関係しているのではないでしょうか。

また、エルメスは世界中に店舗を構えています。希少なアイテムを、世界中のブティックで取り扱うことになる為、日本国内の希少性が増すのではないでしょうか。

人気の高さと買取相場の関係
バーキンは希少性に加え、数多くの女性から非常に人気の高いアイテムといえます。
そして、買取相場は市場の人気にも比例します。つまり「人気や需要の高いアイテムは、他のアイテムと比較したとき、買取価格が高い」ということになります。
バーキンを含む一部の人気アイテムは、新品同様のコンディションの場合、国内定価に近い、もしくはそれ以上の価格で買取がされているケースも珍しくありません。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ