記事一覧

バーキンは”なぜ中古品でも高いのか”

「バーキンは欲しいけど、中古品でも安くないわね」と思われる方は多いと思います。実際にそういったお客様の声をよく聞きます。そのような疑問への回答として、先ほどの国内定価とは別の考え方(中古品)で価格について触れたいみたいと思います。
なぜ、バーキンの中古価格は高いのでしょうか。その理由は、以下の2つにあると考えています。
①希少性
②人気の高さと買取相場の関係
では、その理由をもう少し詳しく説明します。

希少性
私はブティックに行くことがありますが、ここ10年程でバーキンが陳列されているところを見たことは一度もありません。(絶対に陳列されないということではなく、単純にめぐりあわせが無いだけかもしれません・・・)
それほどまでに、バーキンをブティックで見かけることは稀なケースだと思います。
その為、ブティックで国内定価で購入できることは非常に困難だと考えられます。

ここからは、推測のお話になりますが、「エルメス製品は大量生産をするブランドではない」といえます。
それは、”希少な革を使用していること”、”高い品質レベルを保つこと”、”限られた職人の手作りによって製造されていること”などが関係しているのではないでしょうか。

また、エルメスは世界中に店舗を構えています。希少なアイテムを、世界中のブティックで取り扱うことになる為、日本国内の希少性が増すのではないでしょうか。

人気の高さと買取相場の関係
バーキンは希少性に加え、数多くの女性から非常に人気の高いアイテムといえます。
そして、買取相場は市場の人気にも比例します。つまり「人気や需要の高いアイテムは、他のアイテムと比較したとき、買取価格が高い」ということになります。
バーキンを含む一部の人気アイテムは、新品同様のコンディションの場合、国内定価に近い、もしくはそれ以上の価格で買取がされているケースも珍しくありません。