記事一覧

ブレゲの腕時計「マリーン」2021年新作

ブレゲ(Breguet)は、腕時計「マリーン」の2021年新作モデルを発売。

航海用時計に着想を得た「マリーン」

ブレゲの「マリーン」は、科学機器として用いられたかつての時計、とりわけ航海術に利用された時計から着想を得た、“探検と征服の精神”を象徴するスポーツウォッチ。ブレゲの伝統的な特質を生かしつつ、現代的なデザインに仕上げた腕時計だ。

蓄光塗料を施したローマ数字とドットインデックス、ファセットを刻み蓄光塗料を付したゴールド製のブレゲ針、海洋モチーフをさり気なくあしらったセンター針といったディテールが配されている。

最先端のテクノロジーを用いた自社設計のムーブメントは6姿勢で精度が検証され、ひげゼンマイや脱進機には、耐磁性など多くの優れた性質をもつシリコン素材を採用。加えて、ゴールド製のローターも特徴的だ。

新作がバリエーションに加わるのは、3針に日付表示を備えた「マリーン 5517」、フライバック・クロノグラフ機能を搭載し、30分積算計と12時間積算計、スモールセコンドといった3つのインダイヤルを並べた「マリーン クロノグラフ 5527」、アラーム機能と第2時間帯表示を併せ持つ「マリーン アラーム ミュージカル 5547」といった3つのウォッチ。

それぞれの腕時計に、スレートグレー・ダイヤルのローズゴールド・モデルと、ブルー・ダイヤルのチタニウム・モデルが仲間入りする。各モデルは、チタンブレスレット、レザーストラップ、ラバーストラップからストラップを選択可能だ。

ローズゴールドケースに“海”モチーフのギヨシェ彫りダイヤル

温かみのあるローズゴールドケースを採用した腕時計には、“海”をモチーフにしたギヨシェ彫りのゴールド製ダイヤルをセット。船の舷窓から波立つ海を彷彿させる波模様のモチーフが、熟練した職人によるギヨシェ彫りで施されている。深みのあるスレートグレーに彩られたダイヤルが、表情豊かなローズゴールドとコントラストを描き出す。

海を思わせるブルー・ダイヤルにタフなチタンケース

軽量でタフなチタンケースを採用した新作腕時計には、海を連想させる鮮やかなブルー・ダイヤルを採用。手作業でサンバースト仕上げを施したダイヤルには、中心から外縁にかけて繊細なラインが広がっている。チタン素材は潮風や腐食に強いことから海での使用に適しており、2018年から「マリーン」に導入されている。

【関連記事】:国内メーカー&海外ブランド取り扱い。新作から限定品まで、人気ブランドが200以上。

コメント一覧